看護師が知っておきたい冬の病気

冬に多発する疾患を予防する方法

動脈硬化に起因する疾患については、
気象情報を元に、適切に行動することによって、
発症を予防することができることがあります。

 

気象の変化の影響を最小限に抑えるために、
日常生活で行うことができる対策を行っていきましょう。

 

 

(1) 体温を一定に保ち身体を冷やさない

 

冬の寒い時期に多発する疾患を予防するためには、
体温を一定に保つことが大切です。

 

起きたときは室内を温め、パジャマの上から衣服を羽織って
素足で冷たい床を歩かないようにスリッパ等の室内履きを利用します。

 

外出するときには、マフラーやネックウォーマー、
手袋で防寒します。

 

また、冬場は、風呂場やトイレ等での事故が増えます。

 

急激な血圧の上昇を防ぐために、
室温との温度差がないように温めておきましょう。

 

入浴時は、42℃以上の暑い湯は避けます。

 

気温や温度が急激に変化しやすい寒冷前線が経過する前後は、
特に注意するようにしましょう。

 

 

(2) こまめな飲水

 

こまめに水分を摂る事を心がけましょう。

 

寝る前と入浴前後には、コップ一杯の水を飲むように習慣付けましょう。

 

特に、寒い時期は血管が収縮し、血液粘稠度が上がります。
こまめな水分補給がとても大切です。

 

ただし、腎臓病や心疾患で、飲水制限のある患者さんには、
注意するようにしましょう。

 

水分補給には、水が適しています。

 

お茶は利尿効果が高いですし、
尿路結石の成分であるシュウ酸が多いため、
カルシウム摂取の少ない人はシュウ酸が貯まりやすくなります。

 

食後はお茶で良いですが、
普段の水分補給は、水にしましょう。

 

そして、いっきにたくさん飲むのではなく、
こまめに水分補給をしましょう。

 

アルコール摂取は、逆に水分を排出し、脱水状態になります。

 

 

(3) 質の良い睡眠をとる

 

睡眠は体力を補うために必要です。

 

質の良い睡眠は、免疫力を高めます。

 

また、暑さや寒さで寝苦しく、睡眠の質が悪いと
血圧が上がってしまいます。

 

睡眠不足は、脳卒中や心筋梗塞の誘発因子とも言われています。

 

 

(4) ビタミン剤を利用

 

神経損傷に関連する痛みには、
ビタミンB1、B6、B12(メコバラミン)が有効です。

 

気象変化の影響を受けやすい時期には、
このような成分が含まれているOTC医薬品(市販薬)を
服用するのもひとつの方法です。